むし歯の治療

むし歯の進行と治療方法

むし歯の治療は、その進行具合によって治療方法が異なります。
進行具合は、要観察歯のCO(シーオー)と、C1~C4の4段階のむし歯に分けることができます。むし歯が進行してしまうと、歯を大きく削ったり、歯の神経をとらなくてはいけなくなってしまいます。なるべく早い段階でむし歯を治療することで、削る量も少なく歯を残すことができます。早期発見のため、定期的な検診をおすすめします。

CO C1 C2 C3 C4


CO(シーオー):虫歯になりかけの歯

ほんの少し色がついている

CO(シーオー)のOは「Observation」の略で「要観察」という意味です。むし歯の初期症状が疑われる歯で、放置しておくとむし歯になってしまう可能性のある歯を指します。この段階であれば、適切なブラッシング、フッ素塗布、シーラントなどで対策することで、むし歯を予防できます。定期検診で、むし歯になっていないかチェックしましょう。


C1:歯の表面のむし歯

痛みがなく、表面が黒くなっている

歯の一番外側にあるエナメル質が、むし歯になっています。むし歯の部分を小さく削って、歯科用の白いプラスチックなどを詰めて治療します。C1の段階では痛みがないため、自分では気づきにくいむし歯です。定期検診などで早期発見・早期治療を心がけましょう。


C2:神経に近いむし歯

痛みがある、冷たいものや熱いものがしみる

エナメル質の下にある、象牙質までむし歯が進行しています。むし歯の部分を削り、小さなむし歯の場合は歯科用の白いプラスチックを、むし歯が広がっている場合には金属やセラミックのつめもの(インレー)を詰めて治療します。

前歯の治療 つめもの


C3:神経まで達したむし歯

何もしていなくても痛みがある

むし歯が進行して歯の神経まで達した状態です。この段階になると、細菌に侵された神経を取り除く必要があります。歯を大きく削って神経を取り除いた後、根の治療(根管治療)を行い、つめもの(インレー)や、かぶせもの(クラウン)を装着して治療します。

前歯の治療 つめもの かぶせもの


C4:末期のむし歯

腫れがある、膿みがたまったりする

歯の根を残して、歯冠部がほとんど失われている状態です。神経も死んでいるので痛みを感じなくなりますが、さらに放置すると根に膿がたまり強烈な痛みを生じる場合があります。この段階になってしまうと、歯を残すことが難しく、残念ながら歯を完全に抜いてしまう治療が多いです。

失った歯を補う治療 入れ歯



診療時間 9:30~12:30
14:00~19:00
【土曜午後】14:00~17:00
診療内容 歯科治療・小児歯科治療
矯正治療・小児矯正治療
歯周病治療
むし歯と歯周病の予防
(顕微鏡検査・クリーニング・歯磨き指導・シーラント等)
ホワイトニング
電話 0564-66-1188
休診日 木曜、日曜、祝日
所在地 〒444-2137
愛知県岡崎市藪田2-9-8
アクセス 愛知環状鉄道 大門駅から徒歩9分
名鉄バス「大門小学校前」より徒歩1分
アクセス詳細
PAGE TOP