ラバーダム防湿法

常に最善で最良の治療をご提供するため、当院では可能な限りラバーダム防湿法をおこなっています。
この“ラバーダム防湿法”、皆さんはご存知でしょうか?

お口の中、とくに唾液には細菌が無数に生息しているということは皆さんすでにご存知だと思います。
歯の根の中の神経や骨は本来、唾液とは直接触れない場所なので無菌的なのですが、
治療中に唾液が触れた時点で細菌が侵入し感染を起こしてしまいます。
細菌を取り除くために治療しているのに、唾液に触れることで新たな細菌感染が起きてしまうのです。

そこで私たちは、唾液の細菌などから大切な歯を守るためにラバーダム防湿法をおこなっています。
ラバーダム防湿法とは、ゴムのシートに小さな穴を開け、そこに歯の頭を出して、フロスや金属製のバネなどで歯に固定する方法です。唾液や細菌から歯を隔離し、歯のための小さな手術室を作っているのです。

ラバーダム防湿法の歴史は古く、アメリカのDr.Barnumが1864年に考案したと言われ、海外では歯科医師の90%以上が使用しています。しかし日本では普及率が極めて低く、5%以下とされています。
多くの歯科医師が「ラバーダムを使用した方が絶対によい」と考え、有用性は認められているにもかかわらず日本で普及しない理由は、ラバーダム防湿法には手間がかかるうえに、諸外国にくらべて日本は歯の根の治療の保険診療報酬が安価だからです。しかし長期的な予後では、ラバーダムを使用した歯の根の治療の成功率が90%以上とされているのに対し、ラバーダムを使用せず治療を行った場合の成功率は50%以下と報告されています。

のじまデンタルクリニックでは手間と費用を惜しまず、可能な限りラバーダムを使用しています。
ラバーダム防湿は治療の質を高める重要な条件であり、医療人として省いてはならないと考えています。

*適用できない場合があります。(鼻で呼吸できない方、あごの弱い方、口を開けているのが辛い方など)
*ラバーダムシート(=ゴムのシート、1枚約100円)は使い捨てです。

♣ラバーダム防湿法の有効性♣

  • 唾液を排除することで、歯は清潔で乾燥した状態を保つことができる
  • 治療に必要な薬が口の中に流れ出る危険が少なくなる
  • 口の中の組織(歯肉・口唇・舌・頬)の排除と保護が瞬時に行える
  • 治療器具の誤嚥を防げる
  • 口を大きく開けなくてもよい(痛くも苦しくもありません)
  • より丁寧な治療が可能となる
    ⇒ラバーダム無しでは、歯科医師が左手で口唇や頬を押さえ口の中を見やすくする必要がありますが、その役割をラバーダムが担います。 自由になった左手が使えるのでより丁寧な治療が可能となります。

関連記事

診療時間 9:30~12:30
14:00~19:00
【土曜午後】14:00~17:00
診療内容 歯科治療・小児歯科治療
矯正治療・小児矯正治療
歯周病治療
むし歯と歯周病の予防
(顕微鏡検査・クリーニング・歯磨き指導・シーラント等)
インプラント、ホワイトニング
電話 0564-66-1188
休診日 木曜、日曜、祝日
所在地 〒444-2137
愛知県岡崎市藪田2-9-8
アクセス 愛知環状鉄道 大門駅から徒歩9分
名鉄バス「大門小学校前」より徒歩1分
アクセス詳細

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP